• ホーム
  • ダポキセチンの副作用を恐れない為の心得

ダポキセチンの副作用を恐れない為の心得

多色な薬

用法用量を守って使うのが医薬品の特徴であり、ダポキセチンであってもそれは同じです。

しっかりと決まりを守って服用すれば安全に使える医薬品です。
世界で60か国以上で使われていますが、日本ではまだ認可されていないことで危険が高い医薬品である認識を持っている人もいます。
しかし日本はセックスにおいて語れるような寛容な文化ではありません。
射精のスピードが速いことでどんな悩みが生じるのかを理解するのに時間がかかってしまう国です。
そのような事情もひとつにされており認可されていないだけであり、用法用量さえ守れれば安全に服用できます。

副作用はほてりや吐き気などありますが、比較的出にくいことで知られています。
仮に出たとしても、使い続けることで改善することが多いです。
ただし飲み合わせが悪い医薬品もあります。
抗真菌剤、抗生物質は注意が必要です。
またダポキセチンは抗うつ剤として使われており、その副作用から早漏改善薬が生まれました。

よって抗うつ剤と一緒に服用すると効果が強く出てしまうこともあります。
医薬品との併用はリスクが伴いますので、服用するときは自分の持病を治療する主治医に相談してください。
あと基本ですが、心臓病、肝障害や腎障害の持病を持っている方は服用しないようにしましょう。

世の中には副作用がでにくく、効果を顕著に出す医薬品があります。
ダポキセチンが含まれる早漏改善薬も同じことが言えます。
副作用が少ない医薬品ですので、用法用量さえ守れば安全に服用できます。
それを確認するために、ダポキセチンが配合された早漏改善薬を処方してくれるクリニックで処方してもらいましょう。
個人輸入であれば安く購入できますが、安全性を求めて必ずしておきたい診察です。