多くの薬

ダポキセチンは、もともとはうつ病の治療薬として用いられていた、抗うつ剤でした。
この薬は、セロトニンの取り込みを阻害することで、セロトニンの脳内の濃度を高めて、うつの症状を緩和していたわけですが、この薬を利用した場合、遅漏になった人が多かったために、ダポキセチンが早漏の治療に効果があることがわかり、早漏対策として使用されるようになりました。
脳内のセロトニンの濃度が少ないと、ノルアドレナリンやドーパミンといった興奮を呼び覚ます成分を抑制することができないため、早漏となりますが、濃度が高いと、これらの成分の効き目を抑えこむことができるため、射精に至るまでの時間を長くすることが可能となるわけです。
そして、ダポキセチンの使用方法はといえば、性行為の1~3時間前に服用するのが一般的です。
効果の持続時間は数時間程度で、飲んでから1.2時間後には血中の濃度がピーク時の半分となるような薬なので、副作用のリスクが少なく、安全性の高い薬、といわれています。
また、EDの人で、早漏にもなっていて悩んでいる人も少なからずいますが、こういった事情に配慮して、バイアグラの成分シルデナフィルとダポキセチンの両方が配合された薬も多数販売されています。
最後に、ダポキセチンの入手方法ですが、この薬はまだ日本国内で厚生労働省の認可を受けていません。
しかし、認可を受けていなくても、取り扱っているクリニックなどに行って、処方してもらうことは可能です。
ただ、どこの病院でも扱っているわけではないので、確実に手に入れるならば、法律で認められている、薬の海外からの個人輸入を利用して、通販で購入するのが、一番わかりやすくて簡単な入手方法です。

サイト内検索
アーカイブ